#主に購読用のブログ

#主に購読用の買い物と旅行、主に購読用的な生活について書きます。

青椒肉絲のクルマ遍歴0.4

f:id:Greenpepper:20210212082809j:plain

修理したらまだ乗ることができたチェイサー(X90系)は、当て逃げ事故やその後の諸々を思い出すからか、父は手放してしまった。

次に我が家の自家用車になったのは日産ブルーバード(U14型)だった。

車格的にチェイサーからはグレードダウンになった。

当時、私たち兄弟の学費負担が上昇していたことと、父の会社が業績不振だったことが重なりクルマの予算を以前ほど捻出できなくなっていた。

トヨタから日産に変えたのは、母の友人の紹介で安く新車を購入できるという話だった。

私は嫌な予感がして

こういう大きな買い物を友だちの紹介で買わない方がいい、パルサーの時、友だちなくしたじゃないか。と母に言った。

「うるさい、あんたの学費が高いせいでしょ。1年生の時みたいに成績優秀で学費免除になればチェイサーが買える!」

と母が返してきたので、

元々、親に頼まれて大学に進んだんだから未練はない、いつでも辞めるから友だち紹介はやめたら。と私が返したら、

「うるさい!自分で稼いでもいないのに黙れ!」

と言われたので黙った。

そんなことで購入を反対したブルーバードだったが、このクルマこそ、自家用車では私が初めて運転したクルマになる。

(自家用車じゃないクルマは運転したことがあるがまた別の話で)

大学の後半は上記の経済的な事情により実家から大学に通っていた。

同じ地方の学校とはいえ、片道で2時間半以上かかる通学には辟易し、途中から友だちの部屋を泊まり歩くようなことをしていた。

母には、Xくんの家に泊まる、と言っていたが、そのXくんの部屋には1回しか行ったことがない。

あちこち泊まり歩いているうちに彼女ができた。

大学の最終年度になり学校に行くこと自体が減り、彼女が実家に遊びに来ることが増えた。

その時にドライブで乗ったのがこのブルーバードだ。

市内を走り回り、朝満タンだったタンクを空にして夕方帰宅することもあった。

その頃には、当時の日産車特有のATギクシャク症状が始まっていた。

日産車のATはしっかりと手入れしていないと1速から2速(と思う)のシフトアップがうまくいかず、ガックンとなった。

このU 14型は後期でCVTへ変更されたので、改修により問題を解決するのではなく、変更により手っ取り早く不具合の収拾を図ったのではないかと想像する。

後日談だが、この日産のギクシャクAT、セドリックタクシーには最終型まで搭載されることになる。最終のセドでは、ベンチシートでないのにレバーがコラム式に変更され、シフトアップもギクシャクの手前でため込まず割り切ってギアが変わる印象に変わった。

ため込まないので、坂道や高速の合流ではマゴマゴする印象になった。

コラム式ではないATを搭載していたセドリックタクシーはこのギクシャク癖をもったトランスミッションで、マメにメンテナンスをしないと、タクシーなのにガックンガックンする運転となる代物だった。

たまに地方で、このギクシャクするはずのセドリックにあたり、ギクシャクしなかった時には、感謝のハガキをしたためたものだ。

大阪でこのギクシャクしない旧いセドリックに当たった時、いつものようにハガキを出したところ、タクシー会社の管理者からお礼の手紙が届いたことがある。

話が横道に逸れた。

我が家のブルーバードは大きな事故や故障はなかったが、このATの素性に対して、母がディーラーへ改修を依頼したにもかかわらず、ディーラーの回答は、「こんなもんです」的なものだった。(母談)

それに、げき怒りした母はディーラー担当者に紹介してくれた○○さんの顔を潰すのか、と食ってかかったが相手にされなかったそうだ。

結局、母に日産車を紹介してくれた友人は疎遠になった。

ブルーバードは大きな故障はなかったと、書いたが、私が車庫入れの時に左後ろを擦ってしまったことがある。

前述のようないいわくがついてしまったので、手放すまで修理はされなかった。

ブルーバードは1回目か2回目の車検で手放した。

手放した時期が不明瞭なのは私が大学を出て、就職した後の話だからだ。

ja.wikipedia.org

イングランド・ルール(その5 渡り鳥百景)

f:id:Greenpepper:20210211173613j:plain

チェックインを済ませたたぬさんと私は、JALさくらラウンジでそれぞれの飲みものを楽しんだ。

私はテーブルで財布を国内用から海外用に切り替えた。

国内だと、薄い財布1つだが、海外では札入れと小銭入れの二つを用意する。

なるべくキャッシュレスにしているのだが、どうしても小銭がたまりがちになるので、小銭入れを用意している。

今回はロンドンなので、私もたぬさんもコンタクトレス対応のカードを用意した。

前回はコンタクトレス対応カードがなく、地下鉄でもパブでも不便な思いをした。

国内用の財布とパスケースを先ほど海外用財布を取り出したジップロックに入れ、カバンの奥底へ収納した。

そんなこんなで時刻は7時50分少し前になった。

そろそろあの店が開く時間だ。

私はたぬさんに、

「坦々麺はどうする?」

と聞いた。

「どうしても行きたいなら付き合う」

とたぬさんが答えたので、「じゃあ、ここ(サクラ)にいよう」ということもできたが、旅の序盤で揉めるのも嫌だったし、アップグレードが取れなかったことをなんとなく忘れかけているので、大人しく、

「じゃあ、キャセイラウンジへ行こう」

と返した。

私が好きなキャセイラウンジは羽田の隅っこになり、さくらラウンジからだと、数百メートルの距離になる。

私たちが乗るBA08便はさらにそこから数百メートル先の搭乗口なので、いわば通り道ではあり、ここでたぬきがぐずる要素はなかった。

私たちはさくらラウンジを後にした。

数分歩いてキャセイラウンジがある建屋の入り口に到着した。

すると、上りエスカレーターで係員の人が謝っている。

上りエスカレータが故障していたのだ。

「た、た、たぬ〜?」

たぬさんの声が聞こえた。

エレベーターは無遠慮な持ち込み荷物を満載したおじさんで列になっている。

なんとかエレベータに乗ったがこちらの建屋にあるさくらラウンジが少し気になって途下車した、つもりだった。

しかし、間違えてANAラウンジがある4階で降りてしまった。

仕方がなく、壊れているエスカレータを上から眺めながら、6階へ向かうことにした。

5階のJALラウンジ前では朝からおじさんが係員(制服ではない女性)になにか詰め寄っていた。

おじさんが朝から血気盛んになにかを詰め寄っている姿を見て、JALラウンジへ入る意欲は失せてしまった。

6階へ進み、私が「いつもの店」と呼んでいるキャセイラウンへ入場することにした。

青椒肉絲のクルマ遍歴0.3

f:id:Greenpepper:20210207191947j:plain

チェイサー(X80系)は母の命と引き換えにスクラップになった。

チェイサー(X80系)をスクラップにするまでの間、両親は修理の可能性も探っていたが、修理と新車の購入で費用がさほど変わらないことが判明した。

私は痛々しい母の姿を見て、クルマの購入には反対した。

しかし、今回もクルマに関する私の意見は聞き入れられず、新車を購入することになった。

チェイサー(X80系)が我が家にいたのは半年足らずだったように思う。

a.wikipedia.org

チェイサー(X80系)の後継で両親が購入したのは、チェイサー(X90系)だった。

ぶつけてスクラップにした車種の後継車種だ。

元々はこの(X90系)が登場することでお買い得になっていた(X80系)を購入したのだが、結果として、最新車種を手に入れることになった。

このクルマで覚えているのはナンバーが3ナンバーになったこととハンドブレーキがペダル式になったことだ。

(ひょっとしたら(X80系)もペダルだったかもしれないが、乗っていた期間があまりに短すぎて記憶が心細い)

(X80系)も(X90系)も排気量は1800CCだったが、(X90系)からは3ナンバーになった。

その分、多少はユーティリティが上がった気もするが、FR特有の後部座席の狭い印象は残った。

このチェイサーは随分と長く乗った気がする。

父が会員権を安く買ったゴルフ場への送迎も、高校の下見もこのクルマだった。

大学の下宿先にもこのクルマで向かった気がする。

高校進学(中学)から大学進学の後までなので5年は乗っていただろうか。

途中、祖母が手術のため、専門病院へ入院した際にその病院で左ドアを大きく凹ますようなトラブル(これも母)はあったが、大きめのボディを比較的小さな排気量で元気いっぱいに走り回っていた。

このチェイサー(X90系)との別れは私が大学生の時に訪れる。

ある週末、ゴルフ場から帰る父が後ろのクルマに追突されたのだ。

当てたクルマはその場を逃走、父は走って追いかけたそうだ。

相手を特定し、示談の交渉に入った際、父は相手側に勤務先の名刺を渡してしまった。

追突され、怪我の具合など意識せず走って追いかけたところもそうなのだが、勤務先の名刺を渡してしまうところは、親方日の丸的で、全く父らしい行動だと思った。

この時には例のゴルフ場(0.2で登場)も倒産し、数百万円のゴルフ会員権は紙屑になっていた。

そもそも当て逃げされたのに、勤務時間中に何度も職場に電話がかかってきてしまう。

とうとう根負けし、示談交渉は当て逃げした相手側のペースに持っていかれてしまった。

このチェイサー(X90系)は、修理すればまだ乗れたのだが、父が、気分悪い、と言って手放すことになった。

イングランド・ルール(その4ラウンジの飲み物)

私たちはチェックインカウンターでパスポートを差し出した。

「青椒様、おはようございます。お荷物は2点ですね。ロンドンヒースロー(空港)より先、お乗り継ぎはございますか?」

と、大体いつも同じな台詞を聞き、

はい、ロンドンまでです。お願いします。

と答えた。

「お手持ちのE-チケットでも搭乗できますが、紙のチケット、お出ししましょうか?」

と聞かれたので、

あ、はい。ところでプレミアムエコノミーへのアップグレードは可能ですか?

と返したら、カウンターのお姉さんの顔が曇ったように見えた、

「えーっと、今日は満席のご予約をいただいておりまして・・・(カタカタカタ)、はい、満席です」

え?満席?

「はい、満席でございます」

あらら、そうなんですかぁ。アッパークラスのみ満席ですか?

「いえ、エコノミーもほぼ埋まっております」

とのことだった。

たぬさんが、「ビジネスも満席ですか?」と聞いたが、お姉さんは即答で、

「はい、満席です」

と答えた。

仕方なく私たちはエコノミークラスのチケットを受け取り、カウンターを後にした。

私は、まるで当てもなく早朝から羽田へ来ていたわけではなく、残席情報をチェックし、前日までの各クラスの混み具合をwebサイトでチェックしていた。

前日までは数席空いているように見えていたのだ。

朝イチで空港に行けばアップがとれるかなぁ、と踏んでいたのだ。

「肉絲に騙されたぬ」

と言ったが、元々、エコでも十分に楽しめる私は、とりあえずたぬさんの機嫌を直すことを考えていた。

そうだね、とりあえず、なか(制限区域)に入ろう、と言った。

私たちはセキュリティを通り、自動化ゲートへ向かった。

顔認証ではなく指紋認証の方だ。

指紋認証ゲート、使っている人が圧倒的に少ないので、日本での取り組みとしては失敗かもしれないが私にとってはいつでもすんなり通れるありがたい存在だ。

私はすんなりと通ったが、たぬさんがなかなか通らない。

あれなら有人のゲートの方が早いといつも思うのだが、四苦八苦し、たぬさんもなんとか通過した。

時刻はまだ7時15分頃だ。

私が好きなキャセイラウンジはまだ開いていない。

まずはJALサクララウンジへ向かう。

たぬさんはまだぶつぶつ言っていたが、ラウンジについてきた。

私たちは適当な席を見つけ荷物を置いた。

私が荷物を見ているから、たぬさん、飲み物か食べ物でも好きなものとっておいで、と言い私は新聞を開いた。

たぬさんはカレーライスを盛ってきた。

なにこれ?と聞いたら、

「明太カレーだぬ〜!」とのこと。

正月の香港行きの際は、焼きそばカレーだった。

この後、キャセイラウンジで坦々麺食べないの?もういいの?

と聞いたら、

「坦々麺も食べる」と、

飛行機飛び立ったらすぐにロシアの手前頃にはご飯出るよ、というが聞かない。

たぬさんが席についたので今度は私が飲み物を取りにいく番だ。

私は休暇の朝と言うことで、「飲むパン」をいただくことにした。

二人とも飲み物がそろった。

f:id:Greenpepper:20210124142030j:plain

 

青椒肉絲のクルマ遍歴0.2

トヨタコロナは車検でお役御免とすることが決まった。

それまでに次のクルマを決めることになった。

両親は、トヨタ系列のディーラーへ訪問を重ねていた。

そのなかで印象的だったのはエスティマキャバリエだった。

私の嗜好は全く反映されず、

両親はいろいろと見て回った結果、トヨタチェーサー(X80系)に決めた。

色は白だった。

前のトヨタコロナは在庫品だったのか、色がグレーでなんだか営業車の趣きだったが、今回のチェイサーはハードトップで高級感が上がっていた。

ちなみにこのチェイサーもモデル末期のお買い得車だった。

この頃になると、父はゴルフを始めていて、このチェイサーでよくゴルフ練習場へ出かけていた。

以前、祖父がゴルフを勧めると、1日がかりで小さい玉をカップに入れるだけのことの何が面白いんだ、と言っていたが、30歳代後半になると、祖父のおふるを皮切りに道具を揃え始め、祖父と打ちっぱなしに行くようになった。

ちなみに私は当時の父の年齢はとっくに超えたが、ゴルフにはいまのところ手を出していない。

高校の時に父がゴルフ場の会員権を購入した際に、強く反対し喧嘩になったことがある。

父は、これは買い得だ、売り出しの時よりも十分の一の価格になっている、というのだ。

私が、それは経営に行き詰まり投げ売りに出ているだけだ、そんなに遠くない将来に痛い目に遭う、と進言したのだ。

「うるさい、お前はだまっておけ!!」

口下手な父はこのセリフを繰り返すだけ、今から思えば余計なお世話だった。

それから5年もしないうちにそのゴルフ場は経営破綻し、会員権は紙屑になった。

このやりとりを覚えていた母から、父が債権者集会に出かけた、と教えてくれた。

チェイサーはゴルフに出かけるための道具の一つだったのかもしれない。

だが、このチェイサー(X80系)との別れはある日突然やってくる。

それは、とある土曜日だった私が学校から帰ってくるとクルマがカーポートにない。

土曜は学校が昼までだ。

母は出かけているのかと思い、家に入ると父と母の声がする。

母を見ると首に器具を巻きつけている。ムチウチの時につけるアレだ。

一瞬で、事態を飲み込んだ。

今回はトヨタコロナの時とは異なり、チェイサーが帰還することはなかった。

チェイサー(X80系)は母の命と引き換えにスクラップになった。

ja.wikipedia.org

イングランド・ルール(その3たぬさんはアップアップ)

f:id:Greenpepper:20210124091322j:plain

私たちはブリティッシュエアウェイズのカウンター前に6時30分には到着した。

9時45分発のBA8便の搭乗手続き開始は7時だ。

明らかに早すぎる。

意味もなく、早すぎる。

なぜこんなにも早く羽田へ来たのか。

私一人なら絶対にこんなには早く空港へ行かない。

今回のように朝便でANAJALの便なら、気まぐれに早く到着してもほぼ24時間チェックインできるので、ラウンジがオープンする時間に合わせて早めに出かけることもあるが、アウェーな航空会社の場合、チェックインは出発の2時間30分前くらいの場合が多い。

要は早く来ても荷物の預け入れがある場合はセキュリティーゲートを通ることはできない。

早く空港についても、カウンターが開くまで待ち続けないといけない。

それもこれも、同行者が「アップ」をしたいと言い続けたために、当日アップグレードを「確実に」申し込むため、わざわざタクシーまで使って一番乗りを果たしたわけだ。

私の同行者はたぬさんだ。

 

もう何年も連れ添っているが未だに生態ははっきりしない。

彼女は仕事での出張でいつも帰りの便がディレイする星の下に生まれたたぬきで、アムステルダムA320が故障したり、パリでB777が修理で遅れたり、シカゴでB777の給油に手間取る、チャンギ帰りに台風直撃で空港が閉鎖されたり、彼女と同じ帰り便に搭乗する人にはいつも同情を禁じ得ない。

個人旅行だと帰りよりも行きの便でのトラブルが多い。

以前、我々ともう1組のアベックで北海道に行ったことがあったが、2便前の私たちの方が機材のトラブルでもう1組よりも後についたことがある。

羽田で見送られたのに新千歳で出迎えられるという珍事が起きたのだ。

それ以外には、新婚旅行(たぬきだが結婚できた)で到着したクライストチャーチ空港でパスポートが入った鞄を機内に忘れたなどが記憶に残る。

私は逆にほとんどトラブル知らずで、いままで一番大きなトラブルといえば、座席に救命胴衣が備え付けられていなかったくらいだ。

そしてこのたぬさんは、「アップグレード」に異常な執着を持っている。

アッパークラスのチケットを購入するのではなく、「アップグレード」である。

国内線であれば早めに空港へ行き、マイルやポイントを捻出してカウンターで申請、座席が空いていれば念願が成就する。

まあ、アップグレードできなくてもせいぜい1時間程度のフライトなので、多少ぐずってもドリンクをもらえば大人しくなる。

だが、国際線の場合はそうは行かない。

なんせ4時間以上は乗ることになるので、ドリンクを与えるだけでは誤魔化せない。

逆に、アッパークラスに載せておけば、行きも帰りも良いたぬきでいてくれる。

 

私たちが乗る羽田〜ロンドンでアッパークラスのチケットを購入すると家計への影響は甚大になる。

そうなると、当日アップグレードがとりうる現実的な解決方法となる。

だが、夢のアップグレードを実現する手段は限られている。

運任せの(夢の)インボラアップグレードか金ずくの有償アップグレードのほぼ2択に限られる。

クレジットカードの年会費で上級ステータスを辛うじて維持している私にただ(インボラ)でアップグレードを提供してくれる航空会社は世界のどこにもない。

そうすると有償アップグレード1択になる。

私は往路のみ、プレミアムエコノミーの当日アップグレードをたぬさんに提案していた。

私たちは「念のため」プレミアムエコノミーが売り切れないうちにチェックインしようとチェックインカウンターがオープンする30分以上前に空港へ来たのだった。

あと10分でカウンターオープンという頃に、ハンドリングを担当するスタッフたちが、JAL系の制服を来てちらほらと集まり出した。

たぬさんは私の隣で

「アップ、あっぷ、あっぷっぷ〜」と口ずさみ始めた。

携帯電話の時計は午前7時を指したがカウンターはオープンしない。

7時3分を過ぎた頃、

「おはようございます、ただいまより搭乗手続きを開始します。」

という声が先か後かのタイミングで、私たちに歩み寄ってきた別のJAL系制服スタッフに

「おはようございます、こちらへどうぞ。」と前へ進むよう促された。

さて、チェックイン・・・とアップの開始だ。

イングランド・ルール(その2羽田機場十字路口的問題)

f:id:Greenpepper:20210123192702j:plain

私たちを乗せたジャパンタクシーはWATAMI前を通過した。

首都高下の信号でちょっとだけ停滞したが、順調に宅急便基地を通過し、穴守稲荷を超え、天空橋の元ロータリーだった交差点も通過した。

左手に飛行機が見えてきた、あと1回左折と右折をすれば羽田空港国際線ターミナルだ。

ところが、だ。

国際線ターミナルに入る右折路で渋滞が発生しているのだ。

いままでなら1回待ちくらいで入れたのだが。

もうターミナルは見えているのに、なかなか進まない。

信号は私たちを嘲笑うように、目まぐるしく変わる。

時間だけが刻々と過ぎていく。

今回は3回目で右折となった。

右折しようとしたその時だ、聴き慣れたコールサイン

「JOBK」がラジオから聞こえたのだ。

 

「JOBK」といえばNHK第一大阪のコールサインだ。

自宅からの移動中、NHKなのになぜか感度が悪い、やたら関西の天気を推してくることが気になっていたのだが、私たちはずーっと関西のラジオを聴きながら移動していたのだ。

なぜ、東京の大田区で関西のラジオが受信できたかは謎だが、実際にそうだった。

ドライバーさんに、今聴いているラジオは大阪放送局の波だ、と伝えたが、彼は信号待ちのイライラが醒めない様子で心ここにあらずだった。

空港の車寄せはここが日本有数の国際空港とは言われなければ気付かないほどに、先ほどの交差点同様、粗末で狭い。

いつも、客待ちのバン、白タクがタムロしている。

特に白タクは行儀が悪く、いつも入り口付近の停車スペースを塞いでいる。

時間帯によっては二重停車になり危ない。

そもそも、出発と到着が同じ場所で乗り降りというのは首都空港としてはなんとも具合が悪い。この構成で降り場と乗り場があるのは茨城空港ターミナルくらいだろう。

しかしこの日はあれだけ信号待ちしたのに、送り車が多かったのか、停車スペースは比較的空いていた。

私の心配は杞憂に終わり、クルマはエスカレータ側の入り口近くに停まった。

私たちはジャパンタクシーの浅いトランクから各々のスーツケースを取り出し、ドライバーさんにお礼を言ってターミナルの建物に入っていった。

エスカレーター乗り口のところでスマホを見てまごついている不慣れなスーツケースを軽く足蹴にし、チェックインカウンターがある3階へと進んだ。

スマホで行先を調べるのではなく、顔を前に見据えて、目に入る標識を見た方が安全に進めると思うのだが。

こういう手合いに限って導線の狭まるところで立ち止まったりしているし、見ていると、荷物が重いのか、もしくはトロリーを使い慣れていないのか、段差や点字ブロックでエンストしていたりする。

まあ、それも羽田・成田での出発風景としつつ、エスカレーターは一路3階を目指す。

ブリティッシュエアウェイズのチェックインカウンターはとてつもなく隅っこだ、トコトコと進もう。